スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS/ STAND FARMER SHIRT


[GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS]


concept/ 主にヨーロッパのヴィンテージワークウェアをアーカイヴとしてフランス、日本にて生産。
古き良き時代のヨーロッパの生活の匂いを残しながら現代の生活に寄り添える服をテーマに
リプロダクションした日常の為のワードローブ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


みなさんこんにちは。3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?この連休、仙台は年に一度のストリートジャズフェスティバルが開催されていて街中一帯が音楽に包まれていました。この横丁を抜けるとちょうどYAMAHA楽器店さん正面ステージにつながるものですから、こちらの店頭にも穏やかに演奏が聞こえてきます。ジャズフェスの二日間だけはお店の音楽を消して街中のいたるところから小さく聞こえてくる音をバックミュージックに営業です。このイベントも仙台ならではの秋の風物詩かもしれませんね。
さて、今日のご紹介はガーメント リプロダクション オブ ワーカーズより届いております新作、
「スタンドファーマーシャツ」 のご提案です。
ガーメント設立当初からの作り続けているアイコン的シャツで、フランスの農夫が着用していたシャツのリプロダクション
です。 ヴィンテージ感漂うハリのあるオリジナルコットン素材とメッキボタン、少し高めのスタンドカラーが独特の雰囲気を醸し出します。
当店でご提案している商品のなかでも生地の風合いの良さを特に実感していただけるアイテムかもしれません。
20140916041443DSC07948-2.jpg




20140916041641DSC07938-2.jpg





20140916041749DSC07940-2.jpg




なんだか「収穫の秋」なんて言葉がとても似合うシャツですね。ファーマーシャツにインディゴのチノにバゲットトート。なんて組み合わせはいかがでしょうか?  
20140916041831DSC07945-2.jpg
GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS/ STAND FARMER SHIRTS
size/ 1. 2. 3.
price/ 23000yen (24840 tax in)











2014.09.16 | News

ワークウェア

20140907042933DSC07911-2.jpg
今日の仙台は秋晴れ。こういう日はただただ外を歩くだけでもきもちがよいです。フィールズのアイテム達はこんな日に外をブラブラするのがとても似合う服なのかも?なんて思ってしまいます。
ところで話はころっと変わりますがお店でご提案しているレディースの洋服には昔の「労働着」がもとになっているものが多いのです。
本来作業着がもつ機能的、実用的な感覚を取り入れたカジュアルウェアといったところでしょうか?そんな実用性が日々の暮らしの中にすんなりと溶け込み、みなさんの多様なライフスタイルに欠かせない「道具」の一つになったらいいなー。。と思ってご提案しています。
目立ちはしないけれど、不必要なデザインのない洗練された作業服の美しさや、永くお付き合いできる気兼ねのしない扱いやすさがワークウェアの魅力です。
この洋服のデザインはもともとどんな風景のところで、どんな人々に使われていたんだろう? なんて思いを巡らせながら自分の洋服を選んでみるのもまた違った視点で楽しいかもしれませんよ。











2014.09.07 | News

R.U/ 革靴

20140905053952DSC07632-2.jpg
みなさまこんにちは。 夏の終わり、どことなく静かで寂しさの漂う今日この頃ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。まだしばらく暑さが続くのかなと思ったら仙台はこのところ気温も低く急に秋が深まりそうな日々ですね。 店頭に並び始めたネルやウール素材のアイテムが秋の深まりを実感させてくれています。
そして秋といえば革靴なんかも気になり始める時期ではないでしょうか?今日は当店ではお馴染みになりました日本のレザーシューズメーカー「R.U」の新作をご紹介させていただきます。「R,U」のシューズはレディースのみの展開でしたが、今季からは新しくメンズ仕様が登場しました。ぜひ店頭にてお試しください。


昔ながらの製法で手作りされる「R.U」の靴は、靴が人の手から作られることを改めて実感させてくれます。
小さな工房で手作りされるさまざまなモデルにはクラシカルな雰囲気が漂います。
完成後に洗いや染め加工を施すことで、まるでオブジェのような存在感を醸し出したモデルや、その昔ギャルソン・海軍・学生が使用した制服をイメージしたモデルなど、本当に大切に履き続けたいと思わせてくれるベーシックなレザーシューズです。



”昔ながらの伝統を感じさせながら人々に愛され続ける靴”
細かいステッチ、ベンチスタイルの靴底を削り出し、一つ一つ木型に合わせていく昔ながらの製法で作られています。
20140905050906DSC07625-2.jpg



20140905053902DSC07627-2.jpg
夏の間サンダルに合わせていた少しイージーなリネンパンツやショートパンツ、チノパン、すこし使い古してしまったジーンズなど、足元にこんなレザーシューズを合わせてみると気分がきりっと切り替わり、ほどよく季節感も演出できそうですね。


踵部分に小さな穴が空いていますが、木型に革を固定する際にできる釘の後で手作りの証です。
20140905054033DSC07633-2.jpg
画像(上) R.U Labour/ Stamp (Men's)
size/ 41. 42. 43.
price/ 45000yen (48600 tax in)


画像(下) R.U / Lada (Women's)
size/ 36. 37. 38. 39.
price/ 38000yen (41040 tax in)










  
2014.09.05 | News
CALENDAR
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
CATEGORIES
INSTAGRAM
  • @feels_sendai
  • Instagramへ
ABOUT US
  • OPEN / 11:30-19:30
  • CLOSE / Thursday
  • TEL・FAX / 022-222-6610
  • PLACE / Sendai Iroha Yokocho
  • More Info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。