スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEELSについて

20150120044228DSC08260-2.jpg

当店は2004年、昭和22年より続く古き良き横丁にオープンした小さな衣料品店「藍来流」が始まりです。
当初は藍染、インディゴ染のアイテムとワークウェア、デニムを中心とした専門的なセレクトからスタートし、
翌年2005年10月、レディース店として天然素材を中心としたウェア、バッグ等をセレクトした普段着のお店 「homes」 を真向いにオープン。
メンズ店とレディース店が向かい合う銭湯のようなお店に変わります。
その頃からお客様、知人、お取引様の協力を得、少しずつセレクトアイテムの幅を広げ、日本はもちろん世界中の土地と気候風土、伝統、文化、技術から生まれる普遍的かつ質の良い日常着とデイリーユースなアイテムを中心に独自の視点でセレクトしご提案してまいりました。


そして2014年、おかげさまで10周年を迎えることができこの節目を機に「rancle(メンズ店)」、「homes(レディース店)」の両店を1つに統合し6月1日、ユニセックスでご利用いただける新店 「FEELS」として新たにスタートを切りました。


場所はいままでと変わりませんが
homes(レディース店側)を新店舗に、向かいのrancle(メンズ店側)を作業スペース兼ストックルーム、ショールームとして生まれ変わっております。




新店「フィールズ」は
いままでのコンセプトを引き継ぎ、スタンダードでデイリーユースなアイテムを中心に、自然体で着られる素材感の良い日常着、旧式の織り機と技術から生まれるデニムやワークウェア、日本人の体型に馴染むように作られたフランス製バスクシャツ、クラフト感あふれるレザーアイテムや革靴、トートバッグ、ドイツ生まれのコンフォートシューズなどなど、世界中より集められた質の良い商品をバランス良くセレクトしました。
ヨーロッパ、アメリカのワーク、ミリタリーウェアを中心としながらファッションというカテゴリーというよりは洋服を一つの道具として捉え、どこか懐かしく、それでいて新鮮で、永く愛用でき、日々の生活に自然と溶け込むアイテム達をわずか5坪のこの小さな一店舗でまた丁寧にご提案してまいります。






OPEN / 11:00-19:30
CLOSE / 木曜日
TEL・FAX / 022-222-6610

map.jpg
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-30 いろは横丁内
→ グーグルマップで見る
2014.05.26 | About Shop
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
CATEGORIES
INSTAGRAM
  • @feels_sendai
  • Instagramへ
ABOUT US
  • OPEN / 11:30-19:30
  • CLOSE / Thursday
  • TEL・FAX / 022-222-6610
  • PLACE / Sendai Iroha Yokocho
  • More Info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。