スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS/ FARMERS SHIRT

DSC01598.jpg
花粉の季節ですが皆様は大丈夫でしょうか?私はいままで花粉症だとは思っていなかったのですがどうやらそのようです。。この季節になるとやっぱりひどくなります。花粉症初心者の私に眠くならないお勧めの薬などあったら教えてほしいです。。
さいきん店頭でマスクを着用してしまうことがあり印象を悪くしてしまうかもわかりませんが、どうかしばしの間おおめにみてやってくださいませ。

さて、今年のフィールズは特に魅力的なジーンズをお勧めしています。10年ほど前を振り返るとお店はブルーに囲まれた青い店でした。お直しもやったりするものですから「ジーンズ屋さん」なんて呼ばれることもしばしば。 ここらで原点に立ち返り改めてジーンズの魅力をお伝えしようと昨年より準備をしてまいりました。 もともとデニムと相性の良いもので構成されたセレクトでもありますので、そんな視点で店頭の洋服や靴、バッグなどをご覧になってみてください。現在店頭にて新しくご提案しているジーンズはこちらのブログでも近々ご紹介させていただきますね。
今日はそんなジーンズと合わせていただきたい当店の定番シャツ「ファーマーズシャツ」のご紹介です。
「GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS/ FARMERS SHIRT」。
やや高めのスタンドカラーが特徴的なガーメントのアイコン的なシャツです。 ネーミングからも分かるとおり古いヨーロッパの農夫が着用したワークシャツをイメージして作られた形です。当店でも毎年生地を変えながらご提案しております。
今年は定番のホワイトコットンに加え、ガーメントでは初となるギンガムチェックをおすすめしています。たいへんごだわりのあるリネン生地で、「GROWリネンギンガムチェッククロス」といいます。あえて凹凸のある糸を使用し、手織りの風合いを再現したGROW FABRIC。
着用時、一番上のボタンをはずして着ていただくことをお勧めしています。襟口がとてもきれいに開き、自然な立ち上がりが上品に映ります。
シンプルに見えるシャツですが、ベーシックなデニムやパンツに一枚羽織っていただくだけでちょっとひとひねりある存在感をお楽しみいただけます。




DSC01226.jpg





DSC01606.jpg
GAMENT REPRODUCTION OF WORKERS/ FARMERS SHIRT
size/ 1. 2. 3. 4.
price/ 24000yen (25920 tax in)










2016.03.15 | News
CALENDAR
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
CATEGORIES
INSTAGRAM
  • @feels_sendai
  • Instagramへ
ABOUT US
  • OPEN / 11:30-19:30
  • CLOSE / Thursday
  • TEL・FAX / 022-222-6610
  • PLACE / Sendai Iroha Yokocho
  • More Info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。